アザの種類と治療法

太田母斑(おおたぼはん)とは…

顔面部分の特に目の周囲や頬や額、こめかみや鼻、耳に、青色からやや褐色の平らなアザで小さい点が混在しています。女性に多くみられ、皮膚の真皮層にメラニン色素を造る色素細胞が増える疾患です。出生直後からあるものもありますが、多くは思春期に発症し症状が進行します。悪性化の可能性はありませんが自然に消失することはありません。
PageTop