子供のアザ コラム

こどものあざ治療通信「蒙古斑・異所性蒙古斑とは???」

ハルスクリニックでは、こどもの先天性のアザ治療を行っています。
今回は、ハルスクリニックでも相談が1番多い「異所性蒙古斑」について詳しくお話します。

蒙古斑・異所性蒙古斑とは???

「蒙古斑(もうこはん)」とは、出生時に赤ちゃんのお尻に先天的に発生する青あざ(母斑)をいいます。黄色人種(モンゴロイド)にみられ、日本人では新生児の90%以上にみられると言われます。多くの場合は年齢が大きくなるにしたがって色調が薄くなり、特に治療を行わなくても就学前には自然消退します。また、お尻以外のところ(例えば、腕、脚、腹部など)にできるものは、「異所性蒙古斑(いしょせいもうこはん)」といわれ、通常の蒙古斑よりも消えにくい傾向があります。

異所性蒙古斑

原因は???

胎生期(母親の胎内にいる時)に、メラニンを生成する色素細胞(メラノサイト)が真皮に残ってしまうことが原因とされています。通常、色素細胞(メラノサイト)は表皮に存在しますが、色素細胞が真皮に残ってできるのが蒙古斑です。お尻以外に発生するものが異所性蒙古斑です。蒙古斑は皮膚の深いところにメラニンが存在するため青く見えます。

治療法は???

Qスイッチルビーレーザー・Qヤグレーザーなどが用いられます。レーザーの種類により多少の効果や経過の違いが見られます。いずれのレーザー治療も治療中は痛みを伴うため、麻酔テープ・麻酔クリーム・注射や場合によっては全身麻酔を使用して痛みの緩和を行います。稀に軽い色素沈着を残したり色素脱出をきたすこともあります。なかなか消えない青いアザの中には、稀に蒙古斑ではなく、青色母斑のこともあります。その場合は、切除治療を行う場合もあります。

レーザー治療の経過写真

レーザー照射前
テストレーザー照射後
レーザー照射3回後
レーザー照射6回後
list page 
PageTop