子供のアザ コラム

深い爪痕のケア

自分の気持ちをうまく言葉にできない幼児期は、ひっかき、ひっかかれた等の傷トラブルがあります。保育園や幼稚園での集団生活ではよくあるトラブルで、特に顔に傷ができると心配になりますよね。

長女(現在3歳)も1歳半の頃に、お友達とのおもちゃの取り合いでざっくりと頬にひっかき傷を受け、かなり心配しました。長男(現在10歳)も幼少期に目の横に爪傷を受けましたが、特にケアすることもなかったため未だに痕が残っていることから、長女の傷痕について当クリニックの形成医に早々と相談。

傷の状態から、「エンビロンのデリケートジェル」と保護テープ、日焼けに注意するようアドバイスを受けました。こまめにケアを続けると、4ヶ月後には少し凹凸が残るものの、園の先生方がびっくりするくらい目立たなくなりました。

長女の傷の治りの早さに、「園に常備したい」と先生方から申し出があり、子どもの傷トラブルのケアのひとつとしてデリケートジェルと保護テープを園でも取り入れてくれています。デリケートジェルには、ティーツリーとベータカロチンが配合されており、ベータカロチンは皮膚内で必要に応じてビタミンAに変換され、ダメージを受けた肌の修復を促進してくれる為、適切な時期にケアをしてあげることで傷を早く治してくれます。また、紫外線ケアも大切で、子どもにも使えるノンケミカルの日焼け止め「DRX UVプロテクトミルクN」を使用し、「傷痕が日焼けで茶色くなって目立つ」ことのないよう気を配りました。

受傷から1年半たった今、長女の傷痕はよーーーーく見ないとわからない程度に落ち着き、ほっと一安心。デリケートジェルと日焼け止めは、お子様がいる家庭に常備しておきたいオススメ商品のひとつです。ご心配な傷痕がありましたら、お早目にご相談を。

受傷翌日

受傷から2週間後

受傷から4カ月後

受傷から1年

エンビロン
デリケートジェル
3,780円

DRX
UVプロテクトミルク
2,592円

list page 
PageTop